ルミガンとケアプロストの価格比較一覧表

医薬品名 1日あたりの薬価 月間費用 年間費用
ルミガン 73円 2,200円 26,400円
ケアプロスト 49円 1,493円 17,920円

上記の価格比較表の通り、先発医薬品のルミガンと後発医薬品のケアプロストの価格差は、約1.4倍と大きな開きがあります(※1日あたり0.1mlの使用、月間1本・年間12本として計算)。

右端に記載の「年間費用」を見比べるとその差が一目瞭然です。

薬の成分や効果・効能が同じであるなら、やはり費用負担が軽減されるジェネリック医薬品の「ケアプロスト」を選択したいところです。以下に、実際にケアプロストを服用されている方の口コミ体験談をご紹介いたします。

ケアプロストの効果や副作用についての使用体験談

これまでエクステをつけていたけれど、エクステと同じくらいまで自分のまつ毛が伸びたので、もうエクステは必要ありません。長くなったのに抜けることもなくなったなんて、すごいです。エクステの糊でぼろぼろになったまつ毛も喜んでいるみたい。(29歳・女性)

ノーメークに自信が持てるようになりました。メイクやメイク落としの時間も短縮できるし、マスカラを縫った時に女優のように美しい自然な目元になるのが気に入っています。やめると伸びなくなると効いたので、使い続けたいと思います。(31歳・女性)

「まつ毛が長いね」といわれることが多くなったので、他人から見ても一目瞭然なのだと思います。使い始めて最初はあまり効果がないと思ったけど、2カ月くらいして、急に効果が出てきた気がします。(34歳・女性)

「安い!」だけでケアプロストを通販するのは危険

先の価格一覧表の通り、先発医薬品でなくジェネリック医薬品であるケアプロストを選択すると驚くほど治療にかかる費用負担を抑えることができます。

しかしながら、この「安さ」だけを求めてケアプロストを購入してしまうと、様々なリスクにさらされる危険が伴います。その中で最も怖いリスクは、やはり「健康被害」です。全くのニセモノや有効成分が不安定な粗悪品が医薬品市場に出回っている事実を真剣に考慮しなくてはなりません。

この「健康被害」に対する不安・心配を解消するためには、長く安心してお付き合いのできる販売店をしっかり確保しておく必要があります。

ルミガンとケアプロストについての基礎知識

ルミガンもケアプロストもどんな薬かわからないという方は以下を参考ください。

先発医薬品のルミガンとは?

ルミガンは、もともとは緑内障の点眼薬で眼圧を下げる働きがあります。副作用としてまつ毛が伸びることがわかったので、これを利用してまつげの育毛剤として美容目的で利用されるようになりました。ルミガンにアイブラシを付属させて、美容目的の製品として販売したのがラティースで、中身も発売元の会社(米国Allergan社)も同じです。ルミガンの有効成分はビマトプロストで、毛包を刺激してまつ毛を太くし毛周期の成長期を長くすることで、まつ毛を長く伸ばす効果が期待されます。また、メラニン色素の生成にも活性化するので、より黒々としたまつ毛にすることができます。1日1回、まつ毛の根元に塗るだけで、約8週間で効果が出てくるといわれています。副作用としては、目のかゆみや充血が考えられ、まぶたの下に着くと色素沈着することがあります。

後発医薬品のケアプロストとは?

ケアプロストは、ルミガンと同成分のジェネリック医療品としてインドのSun Pharmaceutical社が製造・販売しています。ルミガンもケアプロストも、まつ毛の長さを長くし、密度を濃くし、さらに色も濃くするとして、海外ではすでにスタンダードな医薬品として広く女性に愛されていますが、日本の厚生労働省ではまだ認可されていないため、ドラッグストアなどで買うことはできません。

医薬品名 1日あたりの薬価 月間費用 年間費用
ルミガン 73円 2,200円 26,400円
ケアプロスト 49円 1,493円 17,920円